毒草一覧次の花
ニチニチソウ

 

春の終わりから秋にかけて咲く有名な一種ですね。日ごとに新しく花をつけるので日日草といわれているそうです。ごくごく、ごくごく有名な一年草。


毒草名  ニチニチソウ(日日草)、ビンカ、ラタンジョト(Ratanjot)、花魁草(おいらんそう)、四時花(しじか)、長春花(ちょうしゅんか)、雁来紅(がんらいこう)、Madagascar periwinkle
学 名  Catharanthus roseus G. Don
特 性  キョウチクトウ科 ニチニチソウ属、行きずりの非耐寒性一年草
花 期  6〜10月
毒部位  全草
成 分  ヴィンドリン(Vindoline)、ビンブラスチン(Vinblastine)、ビンクリスチン(Vincristine)、ビンカリューコブラスチン
症 状  嘔吐、全身麻痺




季節になると園芸店もこの花でいっぱいになりますね。

 





綺麗に飾ってあります。花色もいろいろあるし安価なので華やかに利用できるのでしょう。


 

人気種「カザグルマ」です。原種もこんな感じでしょうか。風が吹くとクルクル回って飛んで行ってしまいます........。

≪MEMO≫
・ビンカアルカロイド:抗腫瘍薬の原料
・葉

毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS